闘志だけでなく心の美しさに感動しました。

最後は完敗。

とても残念だけどそれが現実。

それでも日本のラグビー史に 否 世界のラグビー史に歴史を刻んだと言えるのではないでしょうか。

 

幸か不幸か 小学校時代にスクールウォーズを見て当然な1973年生まれ。

本放送の後も何度も再放送されてましたからねぇ。

事実上 道徳をあのドラマで学んだような世代。

心の中には今も麻倉未稀の ♪ ヒーロー ♬ が絶えず響いています(盛り過ぎかも)。

そんな 愛を口移しで教えてもらった ミドフォー。

そりゃラグビー好きですよ。

 

実際 中3の冬なんてもう部活もないんで関東大学ラグビー対抗戦グループの試合をNHKで見てましたしね。

毎年12月の第一土曜日の早明戦は当時プラチナチケットでしたから 世の中的にもラグビー人気隆盛な時代だったということでしょう。

 

とはいえ ここまで多くの国民の心を掴んでいたわけではない。

本当に素晴らしい闘いを見せてもらった。

彼らのハートが伝わってきた。

心から感謝です。

 

当時とはルールも変わった。

それ以上に戦略や戦術。

そして何よりも選手の技術的なレベルの向上が著しいですよね。

ただ それでも根底にあるものはラグビーって変わってないんだなとも思いました。

 

死力を尽くして闘った後のノーサイドの精神。

それと スクールウォーズで最も大切にされていた言葉を借りれば

『 一人はみんなのために みんなは一人のために 』

現代社会において置き去りになってしまったこの精神。

とても重要だと思うのですが だからといってなんでもハラスメントなこの時代にスクールウォーズが再放送されるなんてことはないのでしょうか?

 

滝沢先生 文句なしにアウトです。

でも‥
今の若い子とか子供たちが学べるものもあると思うこと自体 もはや時代遅れなのでしょうか?

La Nuit Blanche

2008年6月 銀座にオープンした小さなワインバーです。 新世代のカリスマ生産者のレアワインから大御所の古酒まで… ワインに詳しくない方も マニアックなワイン好きな方も満足いただけるよう 自然派ワインだからとか 自然派じゃないとか そんなこは度外視し 旨いワインかどうか 飲んで幸せになれるかどうかということ何よりも大切にしています。 旬の食材を活かしたイタリア料理とともに深夜まで楽しめます。

0コメント

  • 1000 / 1000