Wine Bar La Nuit Blanche - ラ・ニュイ・ブランシュ

Bar à Vin et Restaurant LA NUIT BLANCHE
新世代のカリスマ生産者のレアワインから大御所の古酒まで…
ワインに詳しくない方も マニアックなワイン好きな方も満足いただけるよう
自然派ワインだからとか 自然派じゃないとか そんなこと どーでもよくて
旨いワインかどうか 飲んで幸せになれるかどうかってこと大切にしています。
旬の食材を活かしたイタリア料理とともに深夜まで気軽に楽しめます。

LA NUIT BLANCHE , Ginza - Tokyo
Un petit Ba

記事一覧(34)

フランスより帰国するや否やアルバ産白トリュフ入荷!

一昨日の水曜の夕刻にフランスより無事に帰国しました。いつもと違うレンタカーでの田舎移動がないフランス。フランスで車運転しないって20数年前ぶり。当時 まだ運転免許 持ってなかったんですよねぇ。特に必要ないと思っていたんですがフランスで車の必要性を痛感。その後 大至急 免許を取得したわけですが...まさか失効とは。 シャルル・ドゥ・ゴール空港からすぐジュネーヴに飛び アルプスを望むサヴォワを周りピエモンテに。今年は白トリュフが早く出てますからねぇ。初めてのアルバ 楽しみだなぁ...そこから地中海に出てクリストフの待つマルセイユまで。 全ては幻に。残念だけど生きてりゃまだチャンスはある。来年以降 あらためてトライです。 しかし 予定変更してパリが長くても時間 足りないですねぇ。やること尽きない。もっと休めってか? とはいえ人生最長の12日間も休んじゃったんで社会復帰は困難だと思いましたが アルバ産の白トリュフが今季初入荷。去年は1ヶ月弱というとても短い期間しか入手できなかったアルバの白トリュフ。今年はガンガン行きますよ~これを削れるなら全力で頑張ります! すでに昨夜から営業してるわけですが 水曜の夜に少し準備して 木曜の営業前にグラスも皿も棚も全~部 綺麗にして準備万端。卵黄たっぷりの手打ちのタヤリンに白トリュフを削ればパラダイス間違いなし。ブログには書ききれない小さなアクシデントというか恥かしい話でもつまみにワインをガッツリ飲みに来てくださいね~  今夜のおまけ画像 アルバ産 白トリュフ。

高い授業料を払うことになりました。

最後にブログを書いたのはいつだったか?9月はなかなかハードで時間的余裕がなかったですね 正直。 正確には最後の営業となった29日は激ヒマだったのですが ヒマならヒマでやらねばならないことがあったのです。 去る9月24日 月曜の祝日はネロ嫁の誕生日でした。親しくしていた先輩が渋谷から大磯の一軒家にお店を移転。まだ一度も行ったことがなかったのでレンタカーを予約し 行きは車。帰りは酔っ払ってるから乗捨ての電車で遊びに行こうと企んでいたのです。ネロ嫁が昔好きだったという時代を感じさせるにもほどがある TUBE の有名な曲もダウンロードし。 が レンタカー屋さんのカウンターで衝撃の事実が判明!" あの~ ずいぶん前に免許 失効してますよ。半年以上過ぎちゃってるから結構大変ですよ。" なぜ?更新のハガキ 来てないよ。絶対に来てない。郵便局の野郎 得意の誤配しやがったか! とにかくその日は大磯まで電車で。途中 iPhone で失効後の対応を調べ 運転試験場は祝日で繋がらないのでとりあえず学科試験の問題集みたいなものもやりながら。 翌朝 警視庁 そして江東試験場と電話。最初の仮免申請よりあとは江東試験場ではできないとのことなので鮫洲にも問い合わせ。 近いうちにフランスで運転しなきゃいけない事情を伝えると いずれも 間に合う との返答。 なので急ぎ中央区役所に申請に必要な住民票を取りに行く。行政手続きオール嫁任せで初の区役所入り。 どこ行きゃいいのか分からずウロウロしてるとすぐに親切な職員が声をかけ教えてくださいました。 万が一のパスポートの盗難に備え いつも戸籍謄本も持って行くのでまずは戸籍謄本を。本人確認って言われて免許証出してオッケー。 次に住民票。でもここのおばちゃんが期限切れの免許証じゃ本人確認できないと。 本人であることは分かるでしょ。写真あるし。だいたい 失効しちゃったから今 住民票がいるってのに。 戸籍謄本の係りの人は優しく見逃してくれましたよ とは言えず。 まぁでも週の最初は腰の治療に行くんで奇跡的にポケットに保険証がありなんとか住民票をいただく。 手ぶらで自転車で区役所に来ちゃったんですが この状態で一度も行ったことのない江東試験場までチャリは紙切れなんぞ吹っ飛ぶリスクあり。ってことで築地駅から日比谷線で茅場町。乗り換えのために東西線のホームでしばし待つも 東西線ストップ。振替出ちゃったら当分は動かないだろうと やむを得ず築地駅に引き返し いったん自宅に戻ってウェストバッグに住民表を入れ自転車で江東試験場へ。 窓口の人になんとかならないかと食い下がってはみたものの 認められず。ま 当たり前ですけどねぇ。ハガキが来てないのは真実だけど。 ただ まだ間に合うとのこと。でも失効のダメ人間が最短で学科試験を受けられるのが5日後とのこと。なんで?でもそのルールに従うしかない。手続きをし 戻る途中で大雨に打たれる。 なんとも踏んだり蹴ったり。 で 最短日となるこないだの月曜に学科試験を受けに鮫洲に。なんでもこれ以降は鮫洲か府中じゃないとダメとのこと。 台風とはいえ公共交通機関としての矜持のなさゆえか JRが止まっていた。そのせいで他の通常運航の鉄道会社に振替客が流れ込み東銀座駅に浅草線が大きく遅れて到着。しかもスシ詰め過ぎて乗降に時間がかかる。 そんな車内に何とか乗り込むも えっ? まだ入ってきます的なアタックをする人々。靴を踏まれ スネを蹴られる。 でもしょうがないよね。心を鬼にしなきゃ職場に辿り着けない。ラッシュとはほぼ無縁の生活をずっとしてますが 日々ツライ通勤をこらえている人が多くいることを改めて感じました。 その後も普通電車がなかなか来ませんでしたが 受け付け開始の8時半前には鮫洲に到着。 二度と行くことはないと思っていた鮫洲は新しくきれいになってました。 試験開始は9時15分。1番の受験室の受験番号と同じ番号のテーブルにと言われましたが 時間になっても試験が始まる気配はない。9時半前にようやく職員の人が入ってきて 台風で遅れた人がまだ受付してるからもう15分待ってくださいと。 あぁ~ 俺の失効はビタ一文 容赦してくれないのに... 挙句 試験開始はさらに30分程ディレイ。 最悪なことに試験開始直前に尿意が...歳のせいもあるんでしょうけど 貯水率が下がってまして... でも 今さら受験室を出るのもとガマン。どーせ試験なんて30分じゃなかったけ? が 実際は50分でした。ただ終わった人から提出して退出していいとのことで 約20分で自信満々で退室。 20数年前に免許を取った時は何も勉強してなくて これで受かるのか? って感じでしたが 今回は背水の陣。かなり勉強してました。 取り敢えずトイレして1階の総合案内に。" すいません。失効で今 学科試験 受けてたんですけど 今日 合格するんで次は技能ですよね。で 技能も受かった後の 取得後講習ってのは技能をパスした後に1時間くらい話を聞く感じですか? ” が 窓口に立っていた人は詳しく分からない。そしたら奥の椅子に踏ん反り返り気味に座っていたいかにもベテラン風の男性が" 急いでるの? 無理だよ。取得後講習ってここでやらないから。時間かかるよ。詳しく知りたきゃ2階の奥の技能の受付行ってきな。 " ほ ん と ??? 技能の受付に行き絶望のハバネロ...そして合格発表を見て失意のどん底へ... 落ちてるじゃん... " 番号が表示されなかった方はこの部屋を出て 必ず書類返還窓口にて顔写真を張った申請書をもらってから帰ってください。 " 勝負に負けたハバネロ先生。とぼとぼと返還窓口へと。 しかし 昔と違って結構 落ちてる。あの頃は受験番号ほぼ連番で流れてましたら。 " はい お待たせしました。受験番号は何番ですか? あぁ~惜しかったね。89点だよ。あと1点。このまま帰るの? 午後も受ける? " なんて言われて午後も受けることに。20分で提出・退出した午前とは違い もう一度 最初から確認し最後までできる限り頑張ったんですが…何度も見返してると確信のない回答が不安になる。結局 5~6問 正答を変えて終了。 そして88点でまた落ちる... ま 仮に学科試験をパスしても渡仏までに海外免許は得られなかったんですけど 鮫洲くんだりまで行っただけに受かっておきたかった。 これによりフランスとイタリアでの予定を大きく変更せざるを得なくなりました。いろいろ調べてもやはり車なしじゃ無理なエリアが続く。フロコン・ドゥ・セルなど高級なとこはキャンセルしても規定により予約日が近いんでガッポリ取られ...涙... 一年頑張ってきてのフランス そして初のピエモンテが幻に。こんなに白トリュフが獲れてる近年まれに見るタイミングなのに... ま フランスには行きますけどね。 ただ これじゃ普通の観光客じゃん ってな滞在。パリにいる時間が長くなって当初は予定が合わなかったアレクサンドルのお家にも行けるし この状況下で最大限楽しむしかない。 まずは今夜 全力で仕事。 いいことあればガッカリなこともあるのが人生だしね~

今週16日 来週23日と 日曜営業です。

真夏の悪夢よ 今いずこ。なかなかに深刻な不振が続いた7月と8月。 こりゃ完全に世の中から見捨てられた。自分の性格の悪さが原因であると自分を責める毎日でした。(ウソ) が 9月になるとなぜか結構 忙しい。今週もなかなか激しいニュイ・ブランシュでしたが これももはや過去形なのか…? 今週末から2週連続の日曜営業となるわけですが 土曜も日曜も予約なし...ま それが実力ですし ある意味 ワインバーとはそういうものなのかもしれません。 予約があっても当日 全然 伸びないこともあるし 予約がなくてもテンヤワンヤな時もある。もちろん ワインバーだろうがレストランだろが居酒屋だろうが 人気の店ならいつも安定して予約で埋まるんでしょうが 人気も知名度も愛想もない ないない尽くしな店とあらば 代ゼミ的な日々是決戦 ならぬ 日々是綱渡り。 ちなみに ハバネロくんが受験を控えた時代に数多の人気講師を抱え華やかなりし代ゼミでしたが 個人的にはお世話になったことはないです。なんというか 一部の有名な講師の方をテレビで見たりして 本能的に胡散臭さを感じたというか。 それはともかく 今夜も明日の日曜も綱渡り営業でもいいのでなんとか凌ぎ切って 素晴らしい休日を迎えたいものです。  今夜のおまけ画像 正直 好きなスタイルではなかった。でも いい意味で変わったという人もいる。じゃ 久しぶりに飲んでみようかなと。 マルキ・ダンジェルヴィルの2001年 ヴォルネー=シャンパン 1級

偉大な造り手がまた世を去りました。

先週は一度もブログを更新できなかったような。確かに肉体的にはハードではありました。 飲み過ぎに始まり 延長戦に試飲会と。今日こそはと思い いつもより早めに来てほぼブログを仕上げて腰の治療で整体に。 戻って来て 営業の準備を終わらせブログを再開するも 最近 時々起きるVAIOの暴走。突如 謎の身勝手再起動でデータが消える。 買い替え時なんでしょうけどね。データの移行や最初のプロバイダーとかの設定が苦手で… そんなわけで手抜きブログに。 実は整体から戻る際 自転車で転倒...右手の肘と膝あたりを擦り剥きました。 ま たいしたことはないと思いますが現場はコリドー街から数寄屋通りに入るところ。それ故 道路が相当汚い気がするので念のため流水で洗ってみました。 左右のブレーキのバランスがおかしいんですよねぇ 自転車。左の効きが悪く右はやたら効く。でも 左も効かないくせに あるところでロックしちゃう。 そんな状況を放置した挙句 濡れた路面なのにオーバースピードでした。大いに反省。  今夜のおまけ画像 ージュゼッペ・リナルディ追悼ー偉大な古典的バローロの造り手ですが 2日にお亡くなりになっていたんですね。そんなことを知る由もなかった先週の日曜日なのですが 偶然 2013年のバローロ トレ・テーネを飲んでおりました。昨夜は追悼で2013年のランゲ ネッビオーロを美味しくいただきました。

拾ってくれた人に感謝です。

昨日 嫁がiPhoneを失くしたそうです。営業中に自宅のPCからメールが届いていました。 お母さんが着物を持って来てくれて それを取りにマンションのロビーまで行き自室に戻ったらない。ロビーのテーブルに置き忘れたと急行するも既にiPhoneは消えていた。最近ついにFAXの送信ができなくなった自宅の固定電話から何度かけてもコールはするけど出てもらえない。近所の交番にも マンションの防災センターにも届いてない。泣きたい...ってなことが書いてありました。 幾度となく携帯電話を失くしてきました。特に20代後半はアホみたいに飲んで臨界を繰り返し 週一ペースで失くしていたので 都度 暗証番号を入力しないとかかってきた電話に出ることしかできないという 当時としては最も厳しいセキュリティ。 ガラガラフォンとはいろいろな意味でその価値が桁違いなiPhoneにしてからは 幸い失くしたことは未だありません。が 当時の経験上 絶対にここで失くしたと確信を持てるような いかにも返ってきそうな状況で戻って来ず 逆にいったいどこで失くしたのかも想像できないようなお手上げ状態でなぜか戻って来たりってことが多い気がします。確実に持って乗車したしタクシーの中でメール送信した。自宅前で降りて 数秒歩いてないことに気づき 自宅の固定電話から問い合わせてもなかったりってありましたから。 が 高々スマートフォン。失くしても命に別状はないのですが 我が家の場合 何が困るって時間が分からない。時計 一つもないんですよね。非日常を提供するため なんて仰る Hのや に感化されたわけじゃなく昔からない。 今 何時? なんてガラガラフォンやらiPhoneを見るくらいなら時計 置いとけって意見もありますが なんというかインテリア的にいらないんですよね。 そんなわけで こりゃ今度の日曜にでもビックカメラで買い替えだなぁと。が 往生際が悪いハバネロ先生。今朝 帰宅した際にエリン所長のiPhoneに電話をかけまくる。 拾ったものの暗証番号解読できず 処分するためにマンションの植え込みとかに投げ入れられてないかな? って感じで耳をすませてゆっくり歩く。同じマンションの住人を悪人前提で捉えての行動。だって挨拶しても断固シカトって方がいるんです。たまたまお店が近いんで通勤時とかによく肉のHマサで何か買ってチャリンコのカゴにHマサの袋入れて店の前に停めてるのに出くわして あぁ この人がこの店の店主の方なのね~って分かった方なんですが。ま その方の名誉のために言って置きますが 築地にも頻繁に行かれてます。帰宅した時にマンションの玄関とかで築地に向かうその方とすれ違うこともしばしば。さすが噂に聞きし高級店。Hマサで何買ってるかは知りませんが ちゃんと築地メインで仕入れてます(たぶん)。が その方は挨拶しても完全シカトですけどね。 ま そういう人もいますよね この時代。 そんなわけで何度もコールし留守電になる前に切ってまたかけるを繰り返す。でも植え込みにはない。ロビーのどっかに捨てられてるかもとそのままコールしながらマンション入り口の自動ドアを通り過ぎ オートロックを解除しようとしたら あれ? 鳴ってない?どこから聴こえてるんだ??? そしたら管理事務所からでした。管理人常駐なんてことはない 管理人ほとんどいないマンションなんですが入口のとこに管理事務所があるんです。おおっ。ここにあるなら大丈夫。後で管理人さんというかスタッフ来たら返してもらえばいいや。 と オートロックを解除してロビーを歩いていると制服を着たスタッフがいたんで管理事務所が開く時間じゃなかったけど事情を説明して返してもらいました。 誰かが管理事務所の郵便受けに投入してくれていた模様。 拾って自分でしばらく持ってて電話がかかってきたら出て落とした人とやり取りするよりも 変な嫌疑がかけられる心配もないし 交番に持って行っても書類書いたりが面倒ってことですかね。ま これが都会的な優しさなのかもしれませんね。 とにかく無事に戻って来て何よりでした。  今夜のおまけ画像

祝22周年 アプティ

大いに盛り上がって営業中のガソリン補給が多過ぎて最後は力尽き店でクタばり 昼頃に起きて必死に片付けして 帰りにどこか寄ってご飯食べつつまた飲んで帰宅。少しだけ寝て夕方から出かけまた記憶を失うまで飲むという破滅的な週末もあるのですが こないだの土曜は静かなもんでして。酔ってもなければ片付けも早く終わっちゃって順調に帰宅。おかげで昨日の日曜は行動開始が早まり 珍しく酒を飲むということ以外の営みもでき充実の一日となりました。 まずはコンタクトのアイシティ。このところ装用感が良くなくて...ただ コンタクトしていなくてもゴロゴロした感じを覚えることも。ま 生活もカラダも潤いを失ってますからねぇ。ドライアイの影響だとは思うんですが そろそろ作り替える時期なような気がして有楽町ルミネ1の7階に。 が 調べてもらうと そもそも左右のレンズが逆に装着されていたと。そして 確かにレンズに細かい傷こそあれど問題があるとは思えないレベル。前回の購入が去年の4月でその時と同様の視力も出ているし作り直す必要はないのでは。市販薬よりも効果の高いという(ホントかな?)目薬を点眼して様子見ましょうってことに。 コイツ作り直す気で来てるんだから黙って作り直して金を取ればいいよ ということもあり得そうな気がしますが 意外とと言っては失礼ですが 良心的対応。 それから 銀座 日々(にちにち) でキュウリ夫人(エリン所長)と合流。バーバリーを失い苦境に立たされた三陽商会。創業の地ともいえる並木通り5丁目の家賃は鬼高騰。そんなこともあり エポカ・ザ・ショップ銀座の閉店とともに惜しまれつつ姿を消した日々が3丁目に移って再オープンしたのは今年の2月でしたっけ。 ま 今は 銀座 が付くんで三陽商会の経営ではないんでしょうが その部分とビルが変った以外は変わらない。日々の歴史を築いてきたスタッフさんがあの時と同じ空気感で迎えてくれます。 他にお客様もいらっしゃらなかったので おしゃべりをし 香りのいい冷たいお茶をいただき 珍しく器を一つ購入。 それから西麻布の 桃居 で開催中の安齊賢太 陶展。安齊さんとの出会いも日々なんですよねえ。かなり昔ですが。並木通りの日々の最後もたまたま安齊さんでした。 今回は初日でほとんど完売だそうで。えっ 全然 ないじゃん 状態。 残って展示されている作品もとある方が買ったものばかり。何もなくなっちゃうんで展覧会後に発送ということをお願いし承諾いただいたそうです。 もう安齊さんの作品も買えないね こりゃ。 それから池尻大橋のアプティ。日曜定休になってしまったので本当に久しぶりです。8月26日がドンピシャの創業日。22周年ってことで特別に日曜営業。T中ちゃんの誕生日会も兼ねてダブルお祝いで行って来ましたが いやぁ~堪能しました。 イワシのモロッコ風サラダ や 仔羊のモモ肉のローストとソーセージ は抜群でした。アレチュアの2008年なんて奇跡のようなワインも飲めちゃって 最高~ 。 だったらその余韻に浸って眠りにつけばいいのに お約束の夢吟坊。お腹いっぱいなのに無理して食べる。アホだなぁ。 まぁしかし昨日も良く飲んだわ。おかげでギャラをもらった芸No人が民間人を扇動する偽善チャリティー番組も見ることもない充実の一日となりました。  今夜のおまけ画像 アプティでも飲んだアレチュアは今月の新着ってのもあり 頻繁におまけ画像入りしそうです。

キュウリ夫婦はいまだにサケノミクス

一発逆転狙いって訳じゃないですが

金足農業旋風終わって次は台風ですか。気がつきゃ勢力を増してるし 7月の豪雨のエリアに影響を与えそうな進路だし 被害が少ないことを願うばかり。 ま どちらもニュースではない朝の情報番組という名の愚民と化した日本人向けテレビによる情報です。 甲子園 全く見ていないけど県立高校で準優勝ってのは やはり凄い。それもほとんどが中学からの仲間でしょ。頑張りましたね。最後は負けちゃったけど 時にはこういうのもないとね。勝つために選手をスカウティングし 恵まれた練習環境を与えられたチームしか上位に行けないってのでは世の中 硬直化しちゃいます。 それはともかく 甲子園の熱戦とは真逆にお寒い夏となっております ニュイ・ブランシュ。 こないだの日曜にたっぷり飲んだんで 今週はたっぷりワインを出せるかと思いきや そうは問屋がなんとやら。確かに 飲んでるだけでお客さん来たらそんな楽な仕事はない。 なので昨夜は営業中の自棄酒を自重し 全ての通常の片付けが終わった後にエアコンのフィルターを掃除し 今日も試飲会に繰り出すというハバネロ先生としては比較的真面目な行いも上手くいかないときは上手くいかない。 あぁ...もう少し無理をしてでも渋谷の試飲会に行くべきだった... 試飲会となるといつもより早起きして挑むわけですが 複数の試飲会が乱立し しかも開催場所がそれぞれ違うと移動時間を考えると2軒って厳しい。もちろん 銀座で2軒とか 帝国ホテルとペニンシュラとかなら可能です。でも この歳になると3時間半睡眠とかしてあちこち移動って営業に差し障るんで無理。 どこか一つとせざるを得ないんですが今回はその選択をミスったような。T橋さんのFB見て惨敗気分... ま そんな時もありますね。景気よくドカンといいワインでも開けば流れも変わるんでしょうが...  今夜のおまけ画像 D.R.C. の1985年 エシェゾー

記憶はないがお金も携帯も命も落としてない。

遅い時間に盛り上がってしまった土曜日。当然 店でクタばってました。 10時頃に起きて懸命の片付け。きつね庵 で京うどんを食べて帰るというのを目標に頑張りました。 が まさかのお休み...ま 時期的にはあり得るんですが…8月5日に続いて2回連続休みに的中してしまう悲劇。 前回はどーしてもうどんが食べたくて別の店に行ったのですが それがとても冴えない出汁で腰を抜かしそうになりました。なので今回はうどんを諦めスリスティのキーマカレーへと大きく舵を切ったのですが スリスティまでもがまさかのお休み... 2軒連続で店前で立ち尽くすハバネロ夫婦。路頭に迷い 血迷って はしご 。大盛況。日曜の昼からラーメン食べたい人ってこんなにいるの?しかも 高々 はしご ですよ。ま 同じ はしご でも 異国情緒たっぷり過ぎるというか ヤル気ゼロを全面に出して接客する銀座6丁目数寄屋通りの店舗のスタッフとは違い居心地よかったですが。 帰宅して30分程寝て美容室。眠いよマジで。 それからネロ嫁と渋谷で合流。歩きにくいけど ホントいろんな人がいますね 渋谷は。たまには来ないと視野が狭くなる? フランスに帰国しちゃうEマのお別れ食事会 という体での焼鳥。ビール飲んでからボトルのワインに。オーストリアのスパークリング → スペインの白 → ブルゴーニュの赤。焼鳥はもちろん つまみも美味しくて酒も会話もすすみます。 でも はしご 以上の大人気店。外で待ってる人もいるんでお別れ会はお開きに。 渋谷駅でEマと別れて嫁と二人でもう一軒。ブルゴーニュの白 → ブルゴーニュの赤 → トドメのシャンパーニュ。まさかの3本で完全自爆。 さすがにお会計以降の記憶なし。気がつきゃ玄関で寝てました。 例によってコンタクトはネロ嫁が外してくれてましたし 気温的にも心地よかった。ましかし 二日酔いはないけど睡眠不足感 否めずです。ただ…いい空気感をいただいたような気がしています。  今夜のおまけ画像 去年の10月に訪問したフランスはバスク地方 イルレギのカリスマ生産者 アレチュア。その新着が到着しました。残念ながら今回は白のスペシャル・キュヴェは入ってきていないようです(涙)。 2014 イルレギ赤

先発完投-何点取られても 山なりのボールだろうが

信じられないことに ここ二週連続で日曜日なのにハシゴせず一軒で帰宅してしまっております。ま その前夜の土曜があまりに飲み過ぎだったってのもありますが 〇ベノミクスに次いでサケノミクスも失敗に終わったと世に揶揄されそうです。 逆に7月は静かな土曜が多かったので日曜は毎度 廃人と化す寸前まで飲んでいました。特に後半の22日と29日は二週連続でトドメの3軒目でコテ・フー。ダメ押しの4軒目に夢吟坊という ツール・ド・フランスに例えれば ラルプ・デュエズの山頂フィニッシュ並みの厳しい日曜日を繰り返したのでした。 もうお腹いっぱい。お酒も十分過ぎるほど摂取しているのに 人はなぜ 夢吟坊でビールとつまみからリスタートし 京うどんで〆てしまうのでしょう? 学生時代から通っている美味しい京うどんの店であります。朝4時まで営業していた往時の賑わいが懐かしくも思う数年前からの深夜2時閉店。そのラストオーダーにギリギリ滑り込んで自爆喰い... 曖昧な記憶ながら もう限界ですって感じでうどんを食べた気がする。なのに繰り返される悲劇。銃規制が進まないどこかの国のようにメタボ規制ができずにいます。 それはともかく 夢吟坊まで行ってしまった翌日は ほぼ記憶がないので漏れなく iPhoneの画像で自分の記憶を辿らざるを得ないことになります。ま 撮った写真が全くないということも多々あるのですが こんな画像が残っていて なんじゃこりゃ? となりました。